2017年11月29日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その64感想・最終回〈BE・LOVE2017-22〉

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」最終回 〈伝その64 夜明けをもたらす者〉
大和和紀(36ページ)カラー扉1ページ
「BE‐LOVE(ビーラブ) 2017年11月15日号(22号)」講談社(2017年11月1日発売)

《感想》
雑誌巻頭カラーページは雑誌連載作家19人からのイシュタルの娘最終回記念トリビュートイラスト。

本編扉カラーイラストは、コミックス16巻(最終巻)の一部色替え。

8年の連載が最終回。
主人公が過去を振り返りながらこの世を去る、よくあるラスト。
物語の破綻もなく、華麗な絵柄を維持して、無事に走り抜けました。
史実に関係ない最後の種明かしは、片方はなんとなく思っていたけどもう片方は予想外だと笑ってしまう。
大和和紀先生お疲れさまでした。

--------------


BE・LOVE 2017年22号11月15日号 [2017年11月1日発売] [雑誌]
【アマゾン】電子書籍版あり


「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」大和和紀|BE・LOVE|講談社コミックプラス
(出版社公式ページ)
※第1話試し読み。最新話のダイジェスト。

BE・LOVE|講談社コミックプラス
雑誌公式サイト

★コミックス(16)最終巻は2017年11月13日発売。



《あらすじは続きへ》
続きを読む
posted by 詞己 at 18:12| 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その63感想〈BE・LOVE2017-17〉

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」 〈伝その63 修羅の道〉
大和和紀(36ページ)
「BE‐LOVE(ビーラブ) 2017年17号9月1日号(17号)」講談社(2017年8月12日発売)

《感想》
次回(11月1日ごろ発売)が最終回です。

「修羅の道」は、血にまみれた手で栄華をつかんだおふく(春日局)が進む道。

物語では、後水尾天皇と幕府のもめごとは端折って終わりそうですね。
実在の後水尾天皇は「紫衣事件」や春日局(おふく)が無位無官で参内する事件などで皇室を軽んじる幕府と敵対した後、幕府に無断で娘の明正天皇に譲位して上皇になります。

--------------


BE・LOVE 2017年17号9月1日号 [2017年8月12日発売] [雑誌]
【アマゾン】電子書籍版あり

★次回掲載は2017年22号(11月1日ごろ発売)。最終回+スペシャル企画。

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」大和和紀|BE・LOVE|講談社コミックプラス
(出版社公式ページ)
※第1話試し読み。最新話のダイジェスト。

BE・LOVE|講談社コミックプラス
雑誌公式サイト

《あらすじは続きへ》
続きを読む
posted by 詞己 at 01:51| 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その62感想〈BE・LOVE2017-14〉

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」 〈伝その62 おふくの自由〉
大和和紀(36ページ)
「BE‐LOVE(ビーラブ) 2017年7月15日号(14号)」講談社(2017年6月30日発売)

《感想》
前半はおふく(春日局)の回想。
謀反人・明智光秀の残党として肩身の狭い日々を送り、小野於通のように自分の才覚で生きていくことに憧れた少女時代。
おふくの才覚はやがて、大勢の人を傷つけ命を脅かし、於通と対立することとなる。

--------------


BE・LOVE 2017年14号7月15日号 [2017年6月30日発売] [雑誌]
【アマゾン】電子書籍版あり

★次回掲載は2017年17号(8月12日ごろ発売)。

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」大和和紀|BE・LOVE|講談社コミックプラス
(出版社公式ページ)
※第1話試し読み。最新話のダイジェスト。

BE・LOVE|講談社コミックプラス
雑誌公式サイト

《あらすじは続きへ》
続きを読む
posted by 詞己 at 01:46| 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。