2017年01月05日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その58感想〈BE・LOVE2017-02〉

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」 〈伝その58 お好きさん〉
大和和紀(36ページ)
「BE‐LOVE(ビーラブ) 2017年1月15日号(2号)」講談社(2016年12月28日発売)

《感想》
雑誌表紙カラーイラスト。。
本編モノクロ36ページ。扉ページなしで本編。

偶然に出会い別れた「お好きさん」のささやかな思い出を胸に入内した和姫(徳川和子)。
しかし本人のあずかり知らぬところで殺伐とした陰謀がすすめられ、夫との溝が広がっていた。

--------------


BE・LOVE 2017年2号1月15日号 [2016年12月28日発売]
【アマゾン】電子書籍版あり

★次回掲載は2017年5号(2月15日ごろ発売)。

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」大和和紀|BE・LOVE|講談社コミックプラス
(出版社公式ページ)
※第1話試し読み。最新話のダイジェスト。

新装版『はいからさんが通る』全8巻
3巻・4巻が1月13日発売。

BE・LOVE|講談社コミックプラス
雑誌公式サイト

《あらすじは続きへ》
続きを読む
posted by 詞己 at 00:28 | TrackBack(0) | 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その57感想〈BE・LOVE2016-22〉

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」 〈伝その57 和子(まさこ)、誕生〉
大和和紀(38ページ)
「BE‐LOVE(ビーラブ) 2016年11月15日号(22号)」講談社(2016年11月1日発売)

《感想》
雑誌表紙カラーイラスト。於通・於図母子。
本編モノクロ38ページ。
本編前にカラー2ページで「イシュタルの娘」「はいからさんが通る」情報。
本誌後半に「はいからさんが通る」第1話を復刻掲載。
大和和紀先生の画業50周年記念と、「はいからさんが通る」劇場アニメ映画化記念。

身分を隠したお姫様が町に出て、迷子になりながら冒険する。
少女漫画のよくあるパターンだけど、さてどこで互いに正体がわかるか。
於図は帝のいとこになるが(於図の父と帝の母が兄妹)、顔は知っているのかな。

最新コミックス14巻は11月11日(金)発売予定。

--------------


BE・LOVE 2016年22号11月15日号 [2016年11月1日発売]
【アマゾン】電子書籍版あり

★次回掲載は2017年新年2号(12月28日ごろ発売)。

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」大和和紀|BE・LOVE|講談社コミックプラス
(出版社公式ページ)
※第1話試し読み。最新話のダイジェスト。

BE・LOVE|講談社コミックプラス
雑誌公式サイト

《あらすじは続きへ》
続きを読む
posted by 詞己 at 00:44 | TrackBack(0) | 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その56感想〈BE・LOVE2016-20〉

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」 〈伝その56 それぞれの正義〉
大和和紀(36ページ)
「BE‐LOVE(ビーラブ) 2016年10月15日号(20号)」講談社(2016年10月1日発売)

《感想》
雑誌表紙に小さくカラーイラスト
本編モノクロ36ページ。

今回は和姫入内の準備。
将軍秀忠は帝の子を産んだ女官を追放し、和姫入内を宮廷に強要する。
これをきっかけに江戸幕府が朝廷に対していろいろ干渉するようになる。
おふく(のちの春日局)は京都を監視するため、和姫付の女房に自分の腹心の部下を送り込む。
汚い大人たちに対して、和姫がものすごく性格のいい子に描かれているのが対照的。

最新コミックス14巻は11月11日(金)発売予定。

続きを読む
posted by 詞己 at 13:52 | TrackBack(0) | 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする