2015年08月20日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その47感想〈BE・LOVE2015-17〉

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」 〈伝その47 敷島の巫女〉
大和和紀(36ページ)
「BE‐LOVE(ビーラブ) 2015年9月1日号(17号)」講談社(2015年8月12日発売)

《感想》
今回は扉ページなしでいきなり本編。

「猪熊事件」は若い公家の乱行事件が公家文化の崩壊寸前まで社会的影響を及ぼし、幕府が公家に介入するきっかけとなりました。

「イシュタルの娘」第1話で初めて会ったとき、小野於通12歳、近衛信基(信尹)14歳。天正7年(1579年)安土城天守閣が完成する少し前のこと。
信尹は永禄8年(1565年)生まれ。於通は淀殿(茶々)と同い年という設定。淀殿は永禄10年(1567)生まれと推測されていましたが、近年では永禄12年(1569年)誕生説が有力になっています。この話では於通は永禄10年(1567)生まれのようです。
今回の話が慶長14年(1609年)なので二人が出会ってもう30年。すでに40歳を超えています。人生50年の時代だから若くはないですね。

★次回掲載は2015年19号(2015年9月15日ごろ発売)。

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」大和和紀|BE・LOVE|講談社コミックプラス
(出版社公式ページ)
※第1話試し読み。最新話のダイジェスト。

BE・LOVE|講談社コミックプラス
雑誌公式サイト

《あらすじは続きへ》

続きを読む
posted by 詞己 at 23:49 | TrackBack(0) | 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。