2015年09月27日

大和和紀「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」その48感想〈BE・LOVE2015-19〉

《感想》
今回は扉ページなしでいきなり本編。

二条城で豊臣秀頼と会見した徳川家康は、秀頼が予想外に立派な若者に育ったことを危惧し、潰そうと考える。

弱小大名の子として生まれ戦い続けて天下人の地位をつかんだ家康と、生まれた時から天下人に守られて育った淀の方や秀頼とは、相互に理解不能なんだろう。
淀の方が戦いを嫌う姿勢も、自分の地位が不動のものと信じて疑わないからなんだよね。

★次回掲載は2015年22号(2015年11月1日ごろ発売)。表紙・巻頭カラー

「イシュタルの娘〜小野於通伝〜」大和和紀|BE・LOVE|講談社コミックプラス
(出版社公式ページ)
※第1話試し読み。最新話のダイジェスト。

BE・LOVE|講談社コミックプラス
雑誌公式サイト

《あらすじは続きへ》

続きを読む
posted by 詞己 at 23:55 | TrackBack(0) | 「イシュタルの娘」感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。